保証債務の方が大きい場合は、相続放棄や限定承認などの手続きが必要になることがあります。

被相続人の保証債務

MENU

被相続人の保証債務

 

相続人は被相続人の一切の権利義務を承継します。
すなわち、プラスの財産だけでなく借金などのマイナスの財産も相続する事を意味します。
このマイナスの財産には、被相続人が生前誰かの保証人になっていたような保証債務も含まれますので注意が必要です。
保証人が死亡してしまう事によって無担保になってしまうと、債権者が著しく不利な立場となってしまい、お金を貸してくれる人がいなくなってしまうおそれがあるからです。
相続が開始された場合には、保証債務もきちんと確認するようにしましょう。
万が一、保証債務の方が大きいような場合ですと相続放棄や限定承認などといった手続きが必要になる場合もあります。
ただしこれらの手続きは、相続開始を知ってから3ヵ月以内にしか行えませんので注意しましょう。
その期間を過ぎると、相続を承認(単純承認)したものとみなされてしまいます。

 

身元保証について

身元保証契約とは会社などに勤める際に、雇われた人が雇った人に対し何か損害を与えたときに代わりに賠償するような保証契約です。
このような保証契約の場合、個人的な信頼関係を前提に締結されるのが通常であるため、被相続人の一身専属的な権利とされており、相続の対象とはなりません。

 

 


・保証債務も原則として相続の対象となります。遺産をきちんと確認しておきましょう。