配偶者と子と親には遺留分がありますが、兄弟姉妹にはありません。

法定相続分とは何か?

MENU

法定相続分とは?

 

法定相続分とは、法律で定められている相続分のことです。
遺言書などで相続分の指定を行わなかった場合に、誰がどの程度の割合で遺産を相続したらよいのかを決めています。

 

まず先ほども述べましたとおり、配偶者は常に相続人となります。
そしてその相続分は以下のように異なります。

 

①配偶者+第1順位(子)の場合
配偶者    2分の1
第1順位(子)2分の1

 

②配偶者+第2順位(親)の場合
配偶者    3分の2
第2順位(親)3分の1

 

③配偶者+第3順位(兄弟姉妹)の場合
配偶者       4分の3
第3順位(兄弟姉妹)4分の1

 

このように分配し、もし同順位者が複数人いる場合はその法定相続分を人数で分ける形となります。
例えば子供が2人の場合、法定相続分である2分の1を2人で分け合いますので、相続分は4分の1ということです。
しかしこれらはあくまで基準であり、相続人全員が納得できる分け方があればそれに従っても問題ありません。

 

また、配偶者と子と親には遺留分というものがあります。
これは相続分の最低保証のようなものです。

 

例えば「夫が愛人○○に全財産を贈与する」という内容の遺言書を残し死亡したというケースがあったとしましょう。
もし遺言書通りの内容が執行されると、残された配偶者やその子供には1円も相続分がないことになってしまいます。
これでは残された家族の生活が非常に苦しくなってしまいますね。
このような事態を避けるため、民法には「遺留分」という最低保証をつけたのです。
遺留分は以下の通りです。

 

①相続人が(親)直系尊属のみ    相続財産の3分の1

 

②上記以外の場合(配偶者と子など) 相続財産の2分の1

 

③兄弟姉妹             遺留分なし

 

例えば配偶者と子の法定相続分は2分の1ですので、その相続分に2分の1を乗じた数、すなわち4分の1が遺留分として取り戻すことができる、というわけです。

 

  • 法定相続分はあくまでも基準なので、全員が同意すれば変更は可能です。
  • 兄弟姉妹に遺留分はありません。