遺留分は配偶者、子、代襲相続人、直系尊属にだけ認められています。

遺留分とは何か?

MENU

遺留分とは

 

遺言で相続分が指定されている場合、法定相続よりも遺言が優先されます。
ですが、これでは特定の誰かに財産のすべてを与えるといった遺言があった場合、ほかの法定相続人の権利や利益が侵害されてしまいます。
例えば「夫が全財産を愛人に遺贈してしまった」などといったケースです。

 

そこで、民法では、法定相続人に対する、相続財産の一部の留保を保証しており、これを「遺留分」といいます。

 

遺留分の割合は、相続人全員で遺留分の対象財産の2分の1です。
ただし相続人が直系尊属だけであった場合には、対象となる財産の3分の1が遺留分となります。

 

 

例、1200万円の全財産を誰かにに遺贈してしまった場合

 

⇒相続人が配偶者と子が一人の場合
…法定相続分600万円×遺留分2分の1=300万円
配偶者と子の遺留分は300万円ずつ

 

⇒相続人が直系尊属(親)の場合※父母共に相続人としたとき
…法定相続分600万円×遺留分3分の1=200万円
直系尊属の遺留分はそれぞれ200万円ずつ

 

なお、遺留分の対象となる財産とは、相続開始時の被相続人の財産だけでなく、次のような贈与も遺留分の対象財産となります。
①相続開始前1年以内の贈与
②贈与者と受贈者が遺留分を侵することを了解の上で行った贈与
③特別受益にあたる贈与
相続開始時の被相続人の財産に、これらの贈与財産を加算したものが遺留分の対象となります。
また、遺留分は配偶者、子、代襲相続人、直系尊属にだけ認められるもので、兄弟姉妹には認められていません。