医学上の「脳死」は法律上の死亡にはならないので、相続は開始されません。

相続の開始はいつから開始されるの?

MENU

相続の開始はいつから?

 

相続は、人の死亡によって開始します。
この「死亡」の意味は、私達一般人が使うものと医学的なものと法律的なものとで若干のズレが生じますので注意が必要です。

 

普段使う言葉の意味としては「○○さんが亡くなった」というように、誰かが死んだ場合を指すことが多いと思いますが、法律的な意味での死亡にはさらに「失踪宣告による死亡」が含まれます。
失踪宣告、すなわちしばらくの期間生死不明の場合は、法律上「死亡した」とみなされるのです。
また、医学上の「脳死」は法律上の死亡にはならず、相続は開始されません。

 

失踪宣告には普通失踪と危難失踪があります。

  • 普通失踪…生死不明のまま7年間が経過したとき
  • 危難失踪…船が沈没するなどの危難に遭遇し、生死が1年以上明らかでないとき

 

上記の例に該当する場合は、家庭裁判所に申立てを行い失踪宣告を受けることができます。
もちろん、もし失踪宣告を受けた者の生存が確認されれば家庭裁判所によってその失踪宣告が取り消され、相続はなかったことになります。
(ただし、すべてが包括的に取り消されるのではなく、有効なものもあります。)

 

相続は、人が亡くなった時だけでなく失踪宣告によっても開始します。