被相続人の死亡時期により、相続関係が複雑になるおそれがあります。

「同時死亡の推定」の制度

MENU

親子が同時に死亡した場合

 

相続が発生した順番によって相続人が異なる場合がありますので、被相続人の死亡した時期は非常に大切です。
特に問題となるのが、どちらが先に死亡したのか分からないようなケース、例えば交通事故などで親と子が同時に亡くなったような場合です。
親が先に亡くなっていた場合でしたら親から子に相続が発生し、子の相続権は子の推定相続人に移りますし、子が先に亡くなったのであれば子の相続分は親の推定相続人に移る事になります。※子には子どもがいないものとした場合
このようにどちらが先に死亡したのかが不明な場合には「同時に死亡したもの」として原則扱われます。
これを“同時死亡の推定”といいます。

 

民法第32条の2(同時死亡の推定)

数人の者が死亡した場合において、そのうちの1人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定する。

 

同時に死亡した事が推定されると、死亡者間で相続が発生せず、それぞれで相続が発生する事になります。
例えば父、母、長男、長女という家族構成で、父と長男が同時に死亡した場合、父の相続分については母と長女、長男が死亡した場合には母が単独で相続します。
一見すると同じように見えますが、財産の額によっては大きく異なりますし、もし長男に配偶者がいた場合には相続人が変わってしまいますので被相続人の死亡時期は非常に重要な事です。

 


・被相続人の死亡時期によっては相続関係に複雑になるおそれがありますので、注意が必要です。