非嫡出子が父の財産を相続するには、親子関係を発生させる認知が必要です。

相続人には誰がなれるの? ②

MENU

相続人になれる人②

 

養子に対する相続

養子は法律上、実子とまったく同じ扱いで相続人になることができます。
すなわち、実子と養子が1人ずついる場合、その子らの相続分は等しい割合です。
なお、養子は実の親の相続権も有するため、養親、実親の両方の相続権を有することになります。

 

 

胎児

被相続人が死亡した時点で、配偶者である妻のおなかの中に胎児がいる場合、その胎児は相続人になることができます。
ただし、生きて生まれてくることが条件であり、残念ながら死産となってしまった場合相続権は発生しません。

 

 

連れ子の相続権

法定相続分は配偶者と一定の血族に限られています。
そのため、連れ子には相続分がありません。
もし連れ子に財産を相続させたいのであれば、養子縁組を行うが遺言書にて財産を譲る旨の意思を残しておくことが望ましいでしょう。

 

 

非嫡出児とは?

嫡出児とは、婚姻届を提出している夫婦間に生まれた子のことです。
一方法律上の婚姻関係にない男女間の子の事を「非嫡出子」と言います。
なお、非嫡出子は父子関係において父の「認知」がなければ親子関係が発生しません。

 

非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1となります。
相続分を均等にしたい場合は、非嫡出子の養子縁組を行うか、遺言にて相続分の指定を行う必要があります。

 

  • 養子の相続分は実子と同じです。
  • 胎児にも相続分があります。
  • 連れ子に相続分はありません。
  • 非嫡出子が父の財産を相続するには認知が必要です。