相続の方法として、単純承認・限定承認・相続放棄の3通りがあります。

3通りの相続方法

MENU

相続の方法は3通り

 

被相続人から引き継ぐ財産は、預貯金、土地や家などの不動産といったプラスの財産だけではありません。
先ほども述べました通り、ローンや借金といった負債、いわゆるマイナスの財産も相続財産の中に含まれます。
被相続人が実は借金だらけで、マイナスの方が大きい場合に相続を行えば、当然相続人は借金を返済しなければなりません。
そこで、民法は相続人に「相続するか、しないか」を選べる自由を与えたのです。
相続の方法としては、①単純承認②限定承認③相続放棄という3つがあります。

 

単純承認

単純承認とは、一切の財産を相続する方法です。
すなわちプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐため、もし借金などがあればその借金は相続人が返済しなければなりません。

 

限定承認

限定承認とは、文字通り財産を限定的に引き継ぐ方法です。
これはプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ、といった方法になります。
つまり、いったん相続をして借金を財産のプラス分で支払い、それでも不足するようならその不足分については支払いの義務を免れる、ということです。
なお、借金を返済してもまだ財産にプラスがあればその分は当然、相続財産としてご自身の物となります。
この限定承認は相続人全員で行わなければなりません。

 

相続放棄

相続放棄とは、単純承認の逆で、プラスの財産もマイナス財産も一切引き継がない方法です。
相続放棄をするとはじめから相続人ではなかったという扱いになり、代襲相続もできません。

 

  • 限定承認は相続人全員で行わなければなりません。
  • 相続放棄をするとはじめから相続人でなかったことになります。