相続のトラブルを防ぐために、事前に準備と心構えをしておきましょう。

相続に必要な事前の準備と心構え

MENU

相続に対する準備と心構え

 

相続に対する準備と心構えを伝授します。

相続に対する準備と心構え記事一覧

遺産分割協議遺言で遺産分割の指定が無い場合には、残された相続人の話し合いによって遺産の分け方を決めます。遺産分割に関する相続人の話し合いを“遺産分割協議”といいます。遺産分割協議には相続人全員が参加しなければならず、1人でも不参加の相続人がいる場合には協議そのものが無効となってしまいます。ただし協議の形式は問われず、全員が一堂に会して話し合わなくてもかまいません。例えば電話やメールで協議を行ったり...

相続対策3つの基本生前にしておきたい相続対策の基本は遺産分割対策、節税対策、納税対策の3つです。遺産分割対策としては遺産分割をめぐって家族が争わないように、生前贈与や遺言で遺産分割を決める方法が有効です。節税対策としては、生前贈与で相続財産を減らす、財産の組み替えなどで評価額を下げる、といった行為が効果的です。そして納税対策として、納税用資金を用意する、土地などを換金しやすくする、といった準備をし...

節税の基本とは「現在所有している財産だと相続の際に相続税が課せられてしまう」といった場合、家族の負担が心配になるかと思います。節税の基本となる考え方は“相続財産の縮小”と“評価額の低減”の2つです。相続財産を減らすというのは、生前に財産を消費するということではなく、主に贈与によって財産を減らすという事です。確かに、消費してしまえば財産は減り相続税も安くなりますが、その分相続人が受け取れる財産も減っ...

相続税の申告から納税まで相続税の申告と納税が必要なケースは、財産を取得した人の課税価格の合計が基礎控除額「5,000万円+(1,000万円×相続人の数)」を超えるときです。基礎控除額を超えていなければ、基本的に申告は不要です。相続税の申告と納税は、相続開始(被相続人が亡くなった日)の翌日から起算し、10ヵ月以内に行います。申告は、申告書に課税遺産の明細や各相続人の相続税額を記入し、それを被相続人の...