遺産分割協議が成立するためには、必ず相続人全員の合意が必要です。

遺産分割協議とは?

MENU

遺産分割協議

遺言で遺産分割の指定が無い場合には、残された相続人の話し合いによって遺産の分け方を決めます。
遺産分割に関する相続人の話し合いを“遺産分割協議”といいます。

 

遺産分割協議には相続人全員が参加しなければならず、1人でも不参加の相続人がいる場合には協議そのものが無効となってしまいます。
ただし協議の形式は問われず、全員が一堂に会して話し合わなくてもかまいません。
例えば電話やメールで協議を行ったり、郵便やファックスなどで書類のやり取りをして協議を進める方法があります。

 

そして遺産分割協議が成立するためには、必ず相続人全員の合意が必要となります。
なお、遺産分割に期限はありません。

 

遺産分割協議で決まった事は「遺産分割協議書」に記載します。
遺産分割協議書の作成は法的な義務ではありませんが、不動産の相続登記、銀行預金の名義変更、相続税の申告の際に「配偶者の軽減税率」を受ける場合などに必要となります。

 

遺産分割協議書の作成にあたっては、相続人全員が署名押印し、それぞれの相続人が一通ずつ保管するようにします。
形式や書式は自由ですが、財産はきちんと特定できるように記載する必要があります。