「相続財産の縮小」と「評価額の低減」の2つが、節税の基本になります。

節税の基本となる考え方

MENU

節税の基本とは

 

「現在所有している財産だと相続の際に相続税が課せられてしまう」といった場合、家族の負担が心配になるかと思います。
節税の基本となる考え方は“相続財産の縮小”と“評価額の低減”の2つです。

 

相続財産を減らすというのは、生前に財産を消費するということではなく、主に贈与によって財産を減らすという事です。
確かに、消費してしまえば財産は減り相続税も安くなりますが、その分相続人が受け取れる財産も減ってしまいます。
しかし、相続人への贈与で相続財産を減らせば、相続人は事前に相続財産を渡されたのと同じことで、取得できる財産が減ることにはなりません。

 

例えば、贈与を行うと贈与税がかかりますが、暦年課税の年間110万円という非課税枠を利用し贈与を行ったり配偶者控除特例を利用したりすることによって、無課税で相続財産を減らすことが可能です。
配偶者控除特例とは、配偶者に自宅または自宅の取得資金を贈与する場合、2,000万円までは非課税となるという特例です。

 

また、相続時精算課税で将来の価値の上がるものを贈与するのも効果的です。
この制度は相続の際に贈与財産が贈与時の価額で相続財産に加算される仕組みのため、贈与時よりも相続時の方が値上がりしている場合は贈与時の低い価額で相続税を計算することができます。

 

一方、相続財産の評価額を下げるためには、現金や預貯金を不動産に替える、宅地に賃貸物件を建てる、単価の安い土地を単価の高い土地に買い換えて小規模宅地の特例を利用する、といった方法もあります。

 

 


生前贈与や制度を有効活用し、あらかじめ税金対策を行っておきましょう。