生前に、それぞれの相続対策をしておくことが重要です。

相続対策の3つの基本とは?

MENU

相続対策3つの基本

 

生前にしておきたい相続対策の基本は遺産分割対策、節税対策、納税対策の3つです。
遺産分割対策としては遺産分割をめぐって家族が争わないように、生前贈与や遺言で遺産分割を決める方法が有効です。
節税対策としては、生前贈与で相続財産を減らす、財産の組み替えなどで評価額を下げる、といった行為が効果的です。
そして納税対策として、納税用資金を用意する、土地などを換金しやすくする、といった準備をしておきましょう。

 

 

遺産分割対策

遺産分割をめぐって家族がもめないように、各相続人の状況などを考慮して、あらかじめ誰にどのように財産を譲るかの意思表示を行っておきましょう。
生前贈与や遺言の利用が、遺産分割対策としても効果的です。

 

節税対策

家族の相続税負担をできるだけ軽くするために、相続財産を減らしたり、財産の評価額を下げる工夫をしましょう。
相続財産の縮小は、主に贈与を活用し、評価額の低減には財産の組み替えなどを上手く活用してください。

 

納税対策

相続税は現金一括払いが原則ですので、相続人が納税の際に困らないよう納税資金の準備もしておきましょう。
相続人が取得できる現金を用意しておくことや、遺産を現金化させやすくしておくなどの対策が大事です。