付言事項で家族への感謝の気持ちや、その意思を伝えましょう。

トラブルを防ぐ付言事項とは

MENU

付言事項とは

 

遺言で法的な効力を与えられる事項は、相続分の指定や遺産分割の方法、又は遺贈に関する事などに限定されており、これを法定遺言事項といいます。
これらは残された遺産をどのようにして分けるかを決めるための遺言です。
一方、付言事項とは遺言の内容の理由やその心情を相続人に伝えるためのもので、例えば遺産の分割方法や相続分の指定をしたり遺贈を行った場合にその理由や思いを残された家族に伝える“メッセージ”を送るようなものです。

 

せっかく遺言を残していても特定の誰かに有利な内容であった場合、その内容に不満を持つ相続人とトラブルになってしまう事が少なくありません。
そのため、遺言書にきちんと遺産分割の理由、被相続人の気持ちなどを記載しておき、遺言によるトラブルを防いでもらうのです。

 

相続トラブルのほとんどは被相続人の意思がしっかりと伝わっていない事が理由といえます。
多少相続分に多寡が生じても、きちんと意思が伝わっていれば「故人の意思だから…」と納得していただける事が多いのです。
付言事項で家族への感謝の気持ちや、その意思をしっかりと記載するようにしましょう。

 

付言事項の法的効力

付言事項には法定遺言事項と違い、法的な効力がありません。
そのため、遺言の内容を実現するか否かは遺族の判断に委ねられます。
しかし、遺言者の感謝の気持ちや遺産分割や相続分の指定を行った理由を付しておくことで、故人の意思を尊重する気持ちが生まれるという効果が期待されます。

 

例えば遺言で長女に多く遺産を残す場合「長女○○には生前よく面倒を見てもらったため、その負担を考慮して次のように相続分を指定する」などといったような付言を付けておけば、他の相続人に納得してもらえる可能性が高いです。
また、誰かに遺贈などを行う場合にも、その理由をきちんと付けておけば、他の相続人に納得してもらえる可能性が高いでしょう。

 


付言事項はトラブルを防ぐ役割を担う大事なものです。
また、残された家族に残す大切なメッセージでもあります。
必ず記載するようにしましょう。