遺言書に生命保険の受取人を変更する旨の記載があったら、すぐに保険会社に連絡しましょう。

遺言による保険金の受取人の変更

MENU

保険金の受取人の変更

 

平成22年4月に保険法が施行され、保険契約者は遺言でも死亡保険金の受取人を変更する事が可能となりました。
例えば保険の契約時は受取人を妻にしていた場合でも、長男に変更したい旨の遺言を残しておけば、受取人が長男に変更され契約者の死後、長男が死亡保険金を受け取る事ができます。
ただし、これらを行うには遺言書が法律上有効なものでなくてはなりません。

 

また、遺言で保険金受取人の変更があった場合の通知を怠ると、保険会社は新しい受取人を知ることができず、保険金は従来の受取人に対し支払われてしまいます。
そのため、従来の受取人が保険会社に請求し保険金を受け取ってしまうと、保険会社は新しい受取人に対し改めて保険金を支払ってはくれませんので注意が必要です。
もし遺言で保険金の受取人の変更が記載されていた場合、できるだけ早く相続人が保険会社に連絡をし「保険金受取人変更の手続き」を行ってください。

 

※保険法44条(遺言による保険金受取人の変更)
保険金受取人の変更は、遺言によっても、することができる。
2項 遺言による保険受取人の変更は、その遺言が効力を生じた後、保険契約者の相続人がその旨を保険者に通知しなければ、これをもって保険者に対抗することができない。

 

必要な書類

遺言による受取人変更の手続きに必要な書類は、保険会社所定の請求書、被保険者及び新受取人の印鑑証明書、遺言書の写しなどです。
詳しくお知りになりたい方は、現在契約中の保険会社に一度問い合わせてみるとよいでしょう。

 


遺言書で保険金受取人の変更が記載されてきた場合はすぐに保険会社に連絡するようにしましょう。