遺言書の作成方法や種類、役割について説明いたします。

遺言書の書き方・作成ガイド ~家族と笑顔で余生を送るために~

MENU

相続の基本

 

相続は誰もが一度は経験する事だと思います。
いざという時のために、相続に関する基本的な知識を身につけましょう。

 

相続の基本記事一覧

相続人の順位遺産を相続する人、すなわち相続人の範囲は、民法で定められています。この民法上に定められた相続権を有する相続人のことを「法定相続人」といい、被相続人の配偶者と一定の血族に限定されています。血族とは被相続人の“親”などの直系尊属、“子”などの直系卑属、“兄弟姉妹”などのことです。法定相続人の内、配偶者は常に相続人となり、血族については民法に定められた順位に従って相続されるかどうかが決まりま...

相続欠格と相続廃除相続欠格相続人の立場であったとしても、相続人としての資格がないと認定された人は、相続人になることはできません。このことを「相続欠格」といいます。以下に該当する人は法律上当然に相続権を失います。故意に被相続人、先順位、同順位の相続人を死亡させ、または死亡させようとして刑に処せられた者被相続人が殺害されたことを知りながら、告訴、告発をしなかった者ただし、その者に是非の弁別がないとき、...

相続分遺産を分ける割合を相続分といい、相続分には「法定相続分」と「指定相続分」があります。法定相続分とは民法で定められた割合のことで、指定相続分とは、法定相続分と異なる割合で遺産を分けることです。指定相続分は例えば「妻に全財産を相続させる」といったもので、主に遺言書などで用いられます。遺言書によって相続分の指定が行われた場合、当然に法定相続分よりも遺言が優先されます。したがって遺産分割をおこなう際...

遺贈と死因贈与の違い相続は当事者の意思にかかわりなく、自動的に財産の移転が行われます。それに対し贈与とは、贈与をする側(贈与者)と貰う側(受贈者)で合意して、物の所有権や権利を移転させる契約です。この贈与のなかには、贈与者の死亡によって成立する「死因贈与」というものがあります。死因贈与は贈与の一種なので、被相続人と受贈者の間に、生前に意思の合致があることが必要です。つまり贈与者が「死後に財産を贈与...

遺留分とは遺言で相続分が指定されているなら、法定相続よりも遺言が優先される事になっています。しかし、これでは特定の誰かに財産のすべてを与えるといった遺言があった場合、ほかの法定相続人の権利や利益が侵害されてしまいます。そこで、民法では、法定相続人に対する、相続財産の一部の留保を保証しています。これを「遺留分」といいます。遺留分の割合は、相続人全員で遺留分の対象財産の2分の1ですが、相続人が直系尊属...

代襲相続とは例えば、相続が発生し相続人が配偶者と子であった場合に、既に子が死亡していたとします。そのような場合、子が本来貰うはずであった相続分はどのような扱いになるのでしょうか。もし既に相続人のいずれかが死亡していた場合、その“子”に相続分が受け継がれます。これを代襲相続といい、上記の例ですと既に亡くなっている子のそのまた子、つまり被相続人の孫に相続分が発生する、という事です。なお、さらに孫も既に...

相続の方法について相続の方法は複数あり、どの方法を選択するかによって相続財産に関しての権利関係が異なります。相続は被相続人の権利義務の一切を承継するため、借金などがあった場合には相続人が返済しなくてはなりません。そうしますと相続人が一方的に不利な立場に立たされてしまうため、このような事態を防ぐために相続の方法を選択できるようにしたのです。相続の方法には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つがあ...

遺産分けまでの財産管理遺産分割が完了するまでの間、被相続人の財産はどのようにして管理すればよいのでしょうか。例えば親と子の一人が同居しており、親が亡くなった後に同居していた子が通帳や不動産を直接持っているような場合です。被相続人の財産は、共同相続人間の共同財産のため、相続人一人の判断で勝手に売却したりはできません。このように、遺産分割が済むまでの間、使用には一定の制限が課せられますので注意しましょ...

遺産分割の方法遺産の中には、簡単に分割ができるものから難しいものまで様々あります。例えば現金などは、単純に額面を相続分で割ってしまえば済みますが、土地や家屋といった不動産などはその分け方が非常に難しくなります。特にその不動産に誰かが居住しているような場合ですと、分け方次第ではその方はその土地や家屋から出て行かなくてはならない事態ともなりかねません。遺産分割の方法としましては①現物分割、②換価分割、...

遺産相続と聞けば、誰しもどのようなものかイメージできることでしょう。では、遺留分と聞いた時はどうでしょうか?その意味を正しく説明できないようなら、ここで遺留分について学んでおきましょう。遺留分とは?各相続人が最小限相続する権利のある遺産のことを「遺留分」と言います。一般的には遺言書の内容が最優先で処理されますが、その内容が許容できないこともあるはずです。この遺留分が関わる事例として挙げられるのが、...

遺留分は、遺産を最低限受け取れるように保障されたものです。財産をまったく必要としない場合、何かの確執があった場合は、遺留分すら放棄したいと考える人が居るでしょう。しかし、この遺留分を放棄するのは簡単にできないのです。遺留分の放棄を簡単に認めてしまうと、遺留分を放棄するように強要する事件が多発しかねないからです。遺産を独り占めしたい人が、放棄する権利を悪用することは十分に考えられます。そのため、相続...

本来なら配偶者である妻や子供に遺産が残るはずなのに、遺言書によってそれが裏切られる場合があります。代表的な例として挙げられるのは、愛人に全財産を遺すというものです。妻が仕事で十分な収入があったり、子供が自立していたりするなら問題は少なくて済みますが、子供が小さく妻も働いていないなら生活は破綻してしまうでしょう。そんな問題を回避するために作られた法律が遺留分であり、遺留分減殺請求なのです。仮に全財産...

遺産を遺したいけど、死んだ後に遺産が正しく相続されるのか不安に思う人も居るでしょう。莫大な遺産を持っている人であれば、相続税についても悩みを抱えているはずです。そんな問題を解決するのが生前贈与です。基本的に贈与とは、自分の財産を無償で相手にあげることを言います。この中で、生前贈与と呼ばれるのは、相続税対策を目的にした個人のお金のやり取りです。ほとんどの場合が親族間で行われているのが現状です。お金に...

生前贈与を活用すれば、大きな節税効果を得られます。相続税対策にもなりますし、相続時の争いの芽を摘んでおく効果も期待できます。メリット生前贈与のメリットとして、相続時の遺産を予め減らしておくことで相続税を減らせます。特に2015年から法律が変わり、相続税の対象となる人が何万人も増えると言われています。他人事ではない相続税を節税するためにも、生前贈与を把握しておきましょう。贈与された側はお金を有効活用...

生前贈与を行う際には、次のポイントを意識して行うようにしましょう。値上がりすることが予測されるものから優先的に贈与まずは、値上がりすることが予測されるものから優先的に贈与していきます。土地や家などがそれに該当します。別荘がある人も同様です。遺産相続の際に土地や家が残っていると、その資産価値によって税金が決められます。金額が高騰していると税金が上がってしまうため、安い時に贈与しておく方が無難です。仮...