遺留分を放棄するメリットはほとんど無く、手続きも手間がかかりますので注意しましょう。

メリットはない!?遺留分の放棄

MENU

遺留分の放棄

 

遺留分は、遺産を最低限受け取れるように保障されたものです。

 

財産をまったく必要としない場合、何かの確執があった場合は、
遺留分すら放棄したいと考える人が居るでしょう。

 

悪人

しかし、この遺留分を放棄するのは簡単にできないのです。

 

遺留分の放棄を簡単に認めてしまうと、
遺留分を放棄するように強要する事件が多発しかねないからです。

 

遺産を独り占めしたい人が、
放棄する権利を悪用することは十分に考えられます。

 

そのため、相続を開始する前に遺留分放棄を行うには
家庭裁判所から許可を得ることが民法で定められています

 

相続開始前に遺留分を放棄したいなら、遺留分放棄許可審判を申し立ててください。

 

申し立てを受けた家庭裁判所は、
本当に放棄するのが本人の意思なのか、強要されていないのかを判断します。

 

そもそも、得られる財産を放棄することに必要性があるかも考慮した上で、
許可と不許可を決定するのです。

 

ここで1つ覚えておきたいのは、遺留分を放棄しても遺産相続の権利は残っていることです。

 

遺産相続が不当に低い金額だった場合に補償されているのが遺留分です。
つまりは、万が一の時の保険として遺留分は存在しているのです。

 

万が一の保険として、ある遺留分の権利を放棄しても、遺産相続の権利は残ったままなのです。

 

遺産相続の権利を放棄したいなら、それはまた別の方法で申請しなければならないのです。

 

そもそも、遺留分を放棄するメリットはまったくありません
強いてメリットを挙げるとすれば、遺産相続のゴタゴタに巻き込まれないようにすることだけです。

 

手間もかかるので、おすすめはできないです。

 

ちなみに、財産を持つ被相続人が死亡した後なら、遺留分の放棄は任意で自由に行えます
家庭裁判所に行く必要などは何もありません。

 

生前と死後で扱いが違うのは、被相続人が特定の家族に遺産を遺したくないために、
遺留分の放棄を強要する事件を避けるためにあります。

 

落ち着いた家族関係を送っていれば、遺留分を放棄する事態にはならないでしょうが、
このような手段があることは覚えておきましょう。