被相続人の直系卑属は、子に代わり孫、そして曾孫、と代襲相続ができます。

相続人に代わって相続する代襲相続とは

MENU

代襲相続とは

 

例えば、相続が発生し相続人が配偶者と子であった場合に、既に子が死亡していたとします。
そのような場合、子が本来貰うはずであった相続分はどのような扱いになるのでしょうか。
もし既に相続人のいずれかが死亡していた場合、その“子”に相続分が受け継がれます。
これを代襲相続といい、上記の例ですと既に亡くなっている子のそのまた子、つまり被相続人の孫に相続分が発生する、という事です。
なお、さらに孫も既に亡くなっている時には、その孫の子である曾孫に相続分が発生します。(再代襲相続)

 

どこまで代襲できるのか

被相続人の直系卑属は、子に代わり孫、そして曾孫、と何代にわたっても代襲相続が可能です。
ただし相続人となる子が養子の場合、養子縁組のあった後で生まれた孫でなければ代襲相続できません。
また、兄弟姉妹の子、すなわち甥や姪に対しても代襲相続は発生します。
ただし、再代襲相続は発生しないため、甥や姪の子には代襲相続されません。

 

相続人に相続権が無くなった場合

被相続人などへの生命侵害や遺言の妨害を行った場合などの相続欠格事由に該当する行為を行った場合、相続権は失われます。(相続欠格)
また、被相続人の申し立てによって相続人の廃除の意思表示に対し家庭裁判所がこれを認めた場合、相続人としての資格を剥奪されます。(廃除)
このように、相続欠格又は廃除などで相続権が無くなった場合代襲相続は発生するのでしょうか。
この場合、卑属には影響を与えず代襲相続は問題なく発生します。
ただし相続放棄を行うと、はじめから相続人でなかった扱いとなるため、卑属にも影響を与え、代襲相続できません。