「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つの相続の方法があります。

3つの相続の方法について

MENU

相続の方法について

 

相続の方法は複数あり、どの方法を選択するかによって相続財産に関しての権利関係が異なります。
相続は被相続人の権利義務の一切を承継するため、借金などがあった場合には相続人が返済しなくてはなりません。
そうしますと相続人が一方的に不利な立場に立たされてしまうため、このような事態を防ぐために相続の方法を選択できるようにしたのです。
相続の方法には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つがあります。

 

単純承認

相続財産の一切を無条件に受け継ぐ方法で、プラスの財産もマイナスの財産も受け継ぎます。
もしマイナスの財産の方が大きい場合には、そのマイナスを返さなければなりません。

 

限定承認

限定承認とは相続財産のプラス分を限度として債務を支払う方法です。
つまり、マイナスの財産の方が大きかった場合でも、その部分については返済をまぬがれます。
なお、マイナスを差し引いても財産にプラスが残る場合にはそのプラス分は相続財産として受け取ることができます。
そのため、こちらの方法は遺産がプラスなのかマイナスなのか、はっきりと分からない時などに有効な手段です。

 

相続放棄

プラスの財産もマイナスの財産も一切承継しない、というもので単純承認とは間逆の方法です。
相続放棄をするとはじめから相続人でなかったという扱いになるため、相続放棄した相続人の子などは代襲相続できません。

 

手続きについて

相続開始を知ってから3ヵ月を経過すると単純承認したものとみなされます。
反対に言えば限定承認、若しくは相続放棄をしたい場合には相続開始をしってから3ヵ月以内に手続きを行う必要があります。
手続きは家庭裁判所に対して行いますので、これらの手続きを行う場合にはなるべく急ぎましょう。
なお、限定承認は相続人全員で行う必要があるため、相続人の誰かが単純承認を行ってしまうとできなくなってしまいますので注意が必要です。