メリットやデメリットを念頭におき、上手に遺産分割を行いましょう。

4つの遺産分割方法のメリット・デメリット

MENU

遺産分割の方法

 

遺産の中には、簡単に分割ができるものから難しいものまで様々あります。
例えば現金などは、単純に額面を相続分で割ってしまえば済みますが、土地や家屋といった不動産などはその分け方が非常に難しくなります。
特にその不動産に誰かが居住しているような場合ですと、分け方次第ではその方はその土地や家屋から出て行かなくてはならない事態ともなりかねません。
遺産分割の方法としましては①現物分割、②換価分割、③代償分割、④共有分割の4つが一般的です。

 

①現物分割
現物分割とは、遺産を現物のまま相続人で分ける方法です。
例えば、土地や家屋を長男に、預貯金を長女に、車を次男に、といった遺産分割です。
メリット…わかりやすい、処分の手間が掛からない
デメリット…公平な分割ができない

 

②換価分割
換価分割とは、遺産を換価(売却)し、その代金を相続人間で分ける方法です。
メリット…公平な分割ができる
デメリット…財産の処分まで手間と費用が掛かる、売却益に税金が掛かる

 

③代償分割
代償分割とは、相続人の一部がその遺産を取得し、その代わりに他の相続人に対し金銭などを支払う方法です。
例えば、遺産である土地や家屋にそのまま住み続ける相続人がいるような場合に有効です。
メリット…事業資産などをそのままの形で残せる、公平な分配ができる
デメリット…代償金を支払う相続人に支払い能力が必要

 

④共有分割
共有分割とは遺産を相続人の全員で共有する方法です。
例えば配偶者と子が相続人の場合で、共有物としておくような場合です。
メリット…不動産などの財産をそのままの形で残せる、公平な遺産分割ができる
デメリット…売却を行う場合に他の相続人全員の同意が必要、権利関係が複雑になってしまう

 

 

 

このように遺産分割には様々な方法があり、どの方法をとるのかは相続人間でよく話し合って決めて頂く必要があります。
メリットやデメリットも踏まえたうえで、上手に遺産分割を行いましょう。