法定血族の順位は、第1順位が直系卑属(子)、第2順位が直系尊属(親)、第3順位が兄弟姉妹です。

相続人の範囲と順位

MENU

相続人の順位

 

遺産を相続する人、すなわち相続人の範囲は、民法で定められています。
この民法上に定められた相続権を有する相続人のことを「法定相続人」といい、被相続人の配偶者と一定の血族に限定されています。
血族とは被相続人の“親”などの直系尊属、“子”などの直系卑属、“兄弟姉妹”などのことです。

 

法定相続人の内、配偶者は常に相続人となり、血族については民法に定められた順位に従って相続されるかどうかが決まります。
順位が上の者がいる場合、それより下位にいる法定血族は相続人となれず、上位の者が一人もいないか、全員が放棄した場合でない限り、相続分は発生しません。

 

法定血族の順位ですが、第1順位が直系卑属(子)、第2順位が直系尊属(親)、第3順位が兄弟姉妹、となります。
つまり被相続人に配偶者と子がいる場合は、親や兄弟姉妹は相続人とならず、遺産は配偶者と子で分けるということです。

 

なお、子や兄弟姉妹が相続人となる場合に、相続人となる者がすでに死亡している場合はその“子”に相続され、これを「代襲相続」といいます。
逆に親が既に死亡している場合は、その親、すなわち被相続人の祖父母が相続人となります。

 

また、非嫡出子(認知を受けていない子)についての相続分は嫡出子に対し、2分の1しかありません。
再婚相手の連れ子などに相続分を残してあげたい場合は、養子にしたり、遺言を残す、といった対策が必要でしょう。

 

さらに、配偶者ですが、内縁の妻(事実婚)は民法上の配偶者にはあたらず、法定相続人となるには入籍をした夫婦であることが必要です。
そのため、財産を残してあげたい場合は非嫡出子と同様に、遺言や生前贈与といった対策が必要となりますので注意しましょう。