生きている内にお金や不動産を譲渡する生前贈与ですが税金が発生し手続きが必要になります。

生前贈与による相続税対策

MENU

生前贈与とは?

 

遺産を遺したいけど、死んだ後に遺産が正しく相続されるのか不安に思う人も居るでしょう。
莫大な遺産を持っている人であれば、相続税についても悩みを抱えているはずです。

 

そんな問題を解決するのが生前贈与です。

 

基本的に贈与とは、自分の財産を無償で相手にあげることを言います。
この中で、生前贈与と呼ばれるのは、相続税対策を目的にした個人のお金のやり取りです。

 

ほとんどの場合が親族間で行われているのが現状です。
お金に限らず不動産についても同様です。

 

嫌な考え方ですが、親が健康で長生きなら、それだけ遺産相続も後になります。
生前贈与であれば、生きている内に少しずつお金を貰えるので、生活は安定するでしょう。

 

もちろん1度に大金を受け取ることも可能ですが、それでは贈与税がかかってしまいます。

 

年間で110万円以上の贈与には税金が発生するのです。
それ以下なら税金は免除されているので覚えておきましょう。

 

つまり、毎年110万円を超えない金額の譲渡であれば、贈与税を払わないで済むのです。

 

これを知っているだけで最終的に100万円以上、
金額によって1000万円以上の税金を節税することが可能なのです。

 

愛する家族にはできる限り遺産を遺したいと考えるものです。
税金によって受け取れる金額が減るのは避けるようにしましょう。

 

 

とは言え、やる時は注意しながら行ってください。

 

お金にしろ不動産にしろ、譲渡する際には様々な手続きが必要になりますし、税金も発生します。
やり方を間違ってしまうと、
後から税金を請求されることになったり、遺産相続の際にトラブルを起こしてしまうのです。

 

 

他にも、税金を取られない生前贈与は存在します。

 

学校

教育費自宅購入の補助にお金を使う場合は、税金を免れるのです。
これにも様々な条件がありますが、
2000万円近い金額を贈与することができます。

 

もちろん、目的外のことにお金を使用したのが発覚した場合は、
贈与税の対象となり請求されるので注意しましょう。

 

生前贈与を活用すれば生活が楽になり、より多くの遺産を遺せるのを覚えておいてください。