生前贈与のメリットをうまく活用してデメリットを受けないように工夫しましょう。

生前贈与のメリットとデメリットを知ろう

MENU

生前贈与のメリット・デメリット

 

生前贈与を活用すれば、大きな節税効果を得られます。
相続税対策にもなりますし、相続時の争いの芽を摘んでおく効果も期待できます。

 

 

メリット

 

生前贈与のメリットとして、相続時の遺産を予め減らしておくことで相続税を減らせます
特に2015年から法律が変わり、相続税の対象となる人が何万人も増えると言われています。

 

他人事ではない相続税を節税するためにも、生前贈与を把握しておきましょう。

 

 

贈与された側はお金を有効活用できる

まず、生前の早い段階で贈与すれば、贈与された側はお金を有効活用できる可能性が上がります。
若い子供が相手ならとても役に立つでしょう。

 

 

遺産相続の際に遺産をスムーズに処理

次に、遺産相続の際に遺産をスムーズに処理できます。
予め不動産や預貯金を贈与してあれば、相続時に必要な手続きは最小限となります。
時間短縮だけでなく、手続きも手間も省けるので非常に楽になるのです。

 

 

遺産のことで争いにくくなる

さらに、事前に遺産を分割しているため、争いになりにくくするメリットもあります。
主要な遺産が生前に贈与されていれば当然です。
誰に何を渡すのかを決めて既に贈与しているのですから、モメようがありません。

 

 

このように、生前贈与することで様々なメリットが得られるのです。
相続人の対象となる人が多い場合は、生前贈与を利用するようにしてはいかがでしょうか。

 

 

 

デメリット

 

そして、当然ながらデメリットも存在します。

 

それは、贈与税が相続税よりも高いため、負担が大きくなることです。

 

これを回避するためには、贈与税の基礎控除を利用する方法があります。

 

年間110万円までは贈与しても税金が免除されるので、
うまく活用すれば、生前に遺産を遺せるのです。

母と子

 

妻と子供が2人居たとして、それぞれに年間110万円を贈与すれば効率的になるでしょう。

 

しかし、この方法は、大金の贈与と見なされて、後から贈与税を請求される可能性があります

 

金額をバラバラにしたり、贈与するタイミングをずらしたりして、節税を目的とした贈与に見えないように工夫しましょう

 

 

 

 

メリットとデメリットを把握して上手に生前贈与を利用してください。
少し手間は発生しますが、家族の未来を考えて計画的に行いましょう。