贈与したつもりになっていると危険です。法律的には贈与したことにならず、面倒な手続きが増えるかもしれません。

生前贈与で注意するポイント

MENU

生前贈与のポイントと方法

 

生前贈与を行う際には、次のポイントを意識して行うようにしましょう。

 

値上がりすることが予測されるものから優先的に贈与

 

まずは、値上がりすることが予測されるものから優先的に贈与していきます。

 

家

土地や家などがそれに該当します。
別荘がある人も同様です。

 

遺産相続の際に土地や家が残っていると、その資産価値によって税金が決められます。金額が高騰していると税金が上がってしまうため、安い時に贈与しておく方が無難です。

 

仮に後々になった方が、土地の価値が下がると予測される場合は、後回しにするのも1つの手です。

 

 

 

贈与する財産は毎年別の物に変更

 

次に、贈与する財産は、毎年別の物に変更しましょう。

 

毎年決まったタイミングで同じ金額を贈与していると、
定期贈与と見なされて、課税の対象となります。

 

実際に、後になって課税をすることになったケースが存在しているので注意してください。

 

お金を贈与した次の年は、不動産にしたり、お金も金額や贈与する時期をずらすようにしましょう。
また、あえて基礎控除の110万円を超える贈与をして、少しだけ税金を払っておくのも有効です。

 

数年で贈与した金額が多いにも関わらず、
納税が発生していないと、税務署に目を付けられる可能性が0ではありません。

 

 

 

贈与を確定的にするには贈与契約書が必要

 

さらに、贈与を確定的にするには贈与契約書が必要となります。

 

確実に相手へお金をあげた、
そして、相手がもらうことに同意したという意思があったことを証明しなければならないのです。

 

口頭ではなく、書面で残しておくのが重要です。

 

ちなみに、お金を年間で110万円以上渡しても贈与税が掛からないことがあります。

 

それは、子供の生活費のためにお金を援助している場合です。
親には子供を養う義務があるので、
1人暮らしをしている子供の生活費を渡しても税金は掛からないのです。

 

 

 

このように、様々なポイントや対策方法がありますが、
贈与したつもりにならないようにしてください。

 

贈与したつもりなのに、法律的には贈与にはならず、
夫が死亡した時に夫の財産だと判断されかねません。

 

そうなると面倒な遺産相続がさらに面倒なことになってしまいます。
生前贈与を活用する際は注意して行いましょう。

 

生前贈与のメリット・デメリットとは?