遺言書の種類によって、メリット、デメリットがあります。

民法により定められている遺言書の種類と方式

MENU

遺言書の種類と方式

 

遺言書にはさまざまな種類とそれに則ったルールがあり、ルールがきちんと守られていない遺言書は、その一部だけでなく全体が無効になってしまう場合があります。
また、遺言書の種類によってメリット、デメリットがそれぞれありますのでご自身にあった方法を探してみてください。

 

 

さまざまな遺言書の方式記事一覧

自筆証書遺言自筆証書遺言とは、文字通り遺言者が自筆による方法で作成するものです。だれでも気軽に、自由に、誰にも知られず作成することが可能です。ですが遺言者が亡くなられたときに、その遺言書の存在が知る人がいないと相続人に見てもらえない、というリスクがあります。また、自筆証書遺言は家庭裁判所の検認を受けなければなりません。もし検認を受けずに遺言書の中身を見てしまった場合5万円以下の過料に処せられる可能...

公正証書遺言公正証書遺言とは、遺言者が口授(くじゅ)した内容の遺言を元に、公証人と呼ばれる公証役場の方が遺言書を作成する方法です。自筆証書遺言と違い、書き方の間違いで無効になる事がないため、非常に安心な方法になります。また、遺言書の原本は公証役場で保管するため、もし紛失してしまった場合は再発行が可能になりますし、改ざんのおそれはありません。公証人は、元裁判官や元検察官の方の中から任命されていること...

秘密証書遺言秘密証書遺言とは、遺言の内容を秘密にしたままで、遺言が真正であることを公証人に証明してもらう、という方法の遺言です。いわば自筆証書遺言と公正証書遺言の中間のような遺言書です。秘密証書遺言は、自分で作成した遺言書に封印をしたまま公証人に提出するため、遺言の内容を他者に知られるおそれがなく、完全に秘密にすることが可能です。また、作成は自筆でなく代筆やワープロで行うことも可能です。ただし、公...