遺言の内容を知られたくない場合に有効ですが、遺言者の死後の手続きが必要です。

秘密証書遺言のメリットとデメリット

MENU

秘密証書遺言

 

秘密証書遺言とは、遺言の内容を秘密にしたままで、遺言が真正であることを公証人に証明してもらう、という方法の遺言です。
いわば自筆証書遺言と公正証書遺言の中間のような遺言書です。

 

秘密証書遺言は、自分で作成した遺言書に封印をしたまま公証人に提出するため、遺言の内容を他者に知られるおそれがなく、完全に秘密にすることが可能です。
また、作成は自筆でなく代筆やワープロで行うことも可能です。

 

ただし、公証人に提出する際に証人2人の立会いが必要な点と、遺言者が死亡した後に家庭裁判所に検認を請求し、その後に開封しなければならない点から、自筆証書遺言や公正証書遺言に比べ手間がかかってしまうと言えます。
さらに、遺言書にもしも不備があった場合に遺言書そのものが無効と判断される可能性もあり、現状ではあまり利用されていません。

 

メリット
  1. 自筆でなくても作成できる
  2. 秘密性が高い
  3. 存在が明らかになるため、発見されない心配がない

 

デメリット
  1. 公証人に報酬を支払うため、費用がかかる
  2. 紛失のおそれがある
  3. 遺言者の死後に家庭裁判所の検認手続きが必要
  4. 内容に不備があった場合に無効のおそれがある

 

遺言の内容を他人にどうしても知られたくない場合に有効な遺言方法です。