公正証書遺言は、遺言者が亡くなった後の手続きが簡単です。

公正証書遺言のメリットとデメリット

MENU

公正証書遺言

 

公正証書遺言とは、遺言者が口授(くじゅ)した内容の遺言を元に、公証人と呼ばれる公証役場の方が遺言書を作成する方法です。
自筆証書遺言と違い、書き方の間違いで無効になる事がないため、非常に安心な方法になります。
また、遺言書の原本は公証役場で保管するため、もし紛失してしまった場合は再発行が可能になりますし、改ざんのおそれはありません。
公証人は、元裁判官や元検察官の方の中から任命されていることがほとんどですので、確かな知識と経験を持っており法律面での問題もありません。

 

公正証書遺言を作成するには、遺言者と公証人のほか2人の証人が必要となります。
ただし、この証人は以下の者はなることができません。

 

  1. 未成年者
  2. 推定相続人・受遺者及びその配偶者並びに直系血族
  3. 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇人

 

メリット
  1. 紛失、改ざん、隠匿、破棄のおそれがない
  2. 家庭裁判所による検認が不要なので、自由に見られる
  3. 遺言書としての不備の心配がなく、無効のおそれがない
  4. 死亡後の手続きが簡単

 

デメリット
  1. 公証役場に報酬が発生するため、作成費用が高い
  2. 遺言の内容を公証人や証人に知られてしまう。

 

公正証書遺言は安全面や、内容実現の心配がありません。

遺言者が亡くなった後の手続きも簡単です。