自筆証書遺言は、いつでも気軽に、誰にも知られず、安い費用で作成することができます。

自筆証書遺言のメリットとデメリット

MENU

自筆証書遺言

 

自筆証書遺言とは、文字通り遺言者が自筆による方法で作成するものです。
だれでも気軽に、自由に、誰にも知られず作成することが可能です。
ですが遺言者が亡くなられたときに、その遺言書の存在が知る人がいないと相続人に見てもらえない、というリスクがあります。
また、自筆証書遺言は家庭裁判所の検認を受けなければなりません。
もし検認を受けずに遺言書の中身を見てしまった場合5万円以下の過料に処せられる可能性があり、さらに相続権を失う可能性まで出てきてしまいます。

 

メリット
  1. かかる費用は紙代、ペン代ぐらいなので安く済ませることができる
  2. いつでも、気軽に作成でき、自由に書き直すことができる
  3. 遺言書の内容や存在を秘密にすることができる

 

デメリット
  1. 相続人に発見されない可能性がある
  2. 紛失、改ざん、隠匿、破棄のおそれがある
  3. 内容に不備があり、遺言書が無効になることがある
  4. 検認が必要、死亡後の手続きが面倒

 

自筆証書遺言はいつでも気軽に、安価で作成することができます。