親が亡くなってしまうと、相続争いに発展するケースが多いです。

相続トラブルの事例

MENU

トラブルの事例

 

あからさまにいがみ合ったり、欲をむき出しにするような争いは、普段あまり起きません。
しかし、家族の中心である親が亡くなると、重石が取れたように相続争いが起きてしまうケースが多いのです。
そのようなトラブルを事前に防ぐための方法をみなさんに知って頂きたいと思います。

 

 

相続トラブルの事案記事一覧

なぜ争いが起きてしまうのか日本では近年、相続における遺産分割をめぐる相続人同士の争いが著しく増加しています。その理由として、核家族化や少子高齢化に伴って家族の構成や意識が変化し、相続人に権利意識が高まってきていることが挙げられます。最高裁判所司法統計を見てみますと、年間の死亡者数の約100万人の内1%程度が家庭裁判所に遺産分割事件として申立てられています。1%と聞くとなんだか少ない印象を受けますが...

遺言書を書かない危険な言い訳遺言書は相続トラブルを未然に防ぐ手段として非常に効果的です。にもかかわらず遺言書を残しているのは、亡くなる方のほんの1割にも満たないといわれています。それはなぜなのでしょうか?先入観にとらわれてしまいがち「遺言は“お金持ち”“高齢者”が行うもの」というイメージをもってしまっていませんか?この2つのイメージは非常に多くの人に根付いており、なかなか覆すことができません。です...

トラブルの原因~その1~まずは家族関係が複雑で分割がまとまらないケースです。被相続人に子供がいない子供がいない夫婦の場合は、遺言書を残さずに配偶者が亡くなると自宅の相続が問題になります。とくに家の所有者である夫が亡くなり、さらに夫の親がすでに他界している状況のなか兄弟や姉妹がいるケースが問題です。この場合の法定相続人は配偶者である妻とその兄弟姉妹です。相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹は4分の1で...

トラブルの原因~その2~主に相続人の態度や行為によってトラブルになってしまうケースです。相続人に強引な主張をする人がいるはじめは遺産を期待していなかったのに、自分に相続分があることを知りさらにその額がわかると、手のひらを返した様に急に態度を変え欲張った主張をする人がよくいらっしゃいます。このような人は頑固に自分の相続分を主張する傾向にあり、なかなか協議がまとまらなくなってしまいます。財産を隠してい...

トラブルの原因~その3~財産状態が遺産分割を難しくしてしまうケースです。遺産の持ち主がはっきりせず、遺産分割できない子供名義になっている不動産や預金に贈与の形跡がない場合は、親の財産として認定される可能性が高いです。また、被相続人の名義で家や土地を所有している場合ですが、その購入資金に妻の預金を使っているときがあります。そのようなケースですと相続財産といての疑問が生まれてしまい、遺産分割協議に入れ...