現在の財産状況を確認することが必要です。

トラブルの原因 <財産状態が遺産分割を難しくしてしまうケース>

MENU

トラブルの原因~その3~

 

財産状態が遺産分割を難しくしてしまうケースです。

 

遺産の持ち主がはっきりせず、遺産分割できない

子供名義になっている不動産や預金に贈与の形跡がない場合は、親の財産として認定される可能性が高いです。
また、被相続人の名義で家や土地を所有している場合ですが、その購入資金に妻の預金を使っているときがあります。
そのようなケースですと相続財産といての疑問が生まれてしまい、遺産分割協議に入れない事があります。
相続人全員で合意し遺産として確定できれば、遺産分割が可能となりますが、曖昧な点があると相続人との調整が上手くいかず訴訟ということにもなりかねません。

 

 

自社株について

家族で会社を経営している場合は、その自社株の相続について問題となることがあります。
後継者が定められていれば問題ありませんが、後継者が決まらず会社を分割する場合などは、自社株の換金が難しく、さらに評価額も高くなりがちで相続税の問題に苦慮するケースが多いです。

 

 

自宅しか財産がない場合

遺産が自宅しかなく、相続人が複数いる場合は遺産分割が困難になります。
自宅については基本的に現在住んでいる人が相続することになりますが、その分割をどのようにして行うかが問題となります。
法定相続分で共有にすることも可能ですが、担保に供する場合や売却する場合に、印鑑証明と全員の同意が必要になりますので非常に管理が複雑です。
そのため遺産分割は共有を避けるのが原則といえるでしょう。
また、代償分割にしても、自宅を相続する人に十分な預金がなければ行う事ができません。

 

現在の財産状況を確認しましょう!