家族を守るために、遺言書を作成しておくことが大切です。

遺言にはどんな役割があるのか

MENU

遺言の役割

 

遺言は、法定相続分よりも優先され、また、自分の最後の希望を家族に伝え相続争いを防ぐ非常に効果的な手段です。
家族を守るため遺言書を作成しておくことが望ましいでしょう。

 

 

遺言の役割とは?記事一覧

なぜ遺言が必要なのか「遺言」と聞くと、悪いイメージを持たれる方がやはり多いように感じます。ですが遺言は自分の思いを家族に伝え、その希望を叶える最後のメッセージです。遺言に相続分や遺産分割方法を指定すれば、それに法的効果生まれるため、遺言に従った財産の分配が可能ですつまり遺言によって自分が死んだ後も、自分の意思を生かすことができるのです。ご家族が「揉めそうだなぁ」と感じた場合はみんなが納得して相続で...

遺言書を見つけた場合は被相続人が遺言書を残している場合、身近な人や遺言執行者に預けていることが多いです。遺言書を見つけた人、あるいは預かった人はどうすればよいのでしょうか?まず遺言書が公正証書遺言以外の方式だった場合は、被相続人が亡くなってすぐに家庭裁判所の「検認」を受けなければなりません。検認とは、遺言書の偽造や変造を防ぐために、その遺言書を調べ、その内容などの存在を確認するための手続きです。ま...

遺言執行者とは遺言を残していても、その遺言の内容がきちんと実現されるかどうかは死んでしまった本人には確認することができません。遺言内容の実現をするのに必要な手続きを行う人、それが「遺言執行人」です。遺言執行人の選任は、被相続人が遺言で指定するか、利害関係人の請求によって家庭裁判所が行います。なお、被相続人が生前に遺言執行人を指定する場合、遺言によって行わなければなりません。もし生前に契約によって遺...

遺言の撤回・変更遺言者が生存中であれば、遺言はいつでも撤回・変更する事ができます。遺言を撤回・変更する際の基本的な方法は、撤回・変更の内容を記載したあらたな遺言書を作成するというものです。遺言書は、常に新しい日付のものが優先されることになっているので、新しい遺言書の内容が以前と異なるなら、以前の遺言書の異なる部分が取り消され、新しい遺言書の内容が有効となります。なお、新しい遺言書は、以前の遺言書と...