遺言書は、あなたの気持ちを伝え、相続のトラブルを未然に回避することができます。

遺言が必要な理由

MENU

なぜ遺言が必要なのか

 

「遺言」と聞くと、悪いイメージを持たれる方がやはり多いように感じます。
ですが遺言は自分の思いを家族に伝え、その希望を叶える最後のメッセージです。
遺言に相続分や遺産分割方法を指定すれば、それに法的効果生まれるため、遺言に従った財産の分配が可能です

 

つまり遺言によって自分が死んだ後も、自分の意思を生かすことができるのです。
ご家族が「揉めそうだなぁ」と感じた場合はみんなが納得して相続できる方法を考え、遺言を残しておくようにしましょう。

 

しかし、遺言は決して財産分割だけの話ではありません。
普段言えないことや大切な人への思いやメッセージを残される家族に伝えることもできます。
結果「被相続人の気持ちを考えその意思に従おう」と、相続争いを事前に防ぐ事ができるのです。

 

相続トラブル最大の原因は、故人の生前の願いが相続人に伝わっていないからでしょう。
当然ですが故人の意思は、もはや確認したくても確認できません。

 

財産を残す人は、相続人たちが揉めないためにもきちんとその気持ちを伝える責任があるのです。
遺言書は、相続のトラブルを未然に回避し、問題解決の糸口となるメッセージとなるはずです。

 

遺言はあなたの大切な家族を守る、大事なメッセージです。