封印のある遺言書を勝手に開封した場合、5万円以下の過料に処せられます。

遺言書を見つけたり、預かった場合は

MENU

遺言書を見つけた場合は

 

被相続人が遺言書を残している場合、身近な人や遺言執行者に預けていることが多いです。
遺言書を見つけた人、あるいは預かった人はどうすればよいのでしょうか?

 

まず遺言書が公正証書遺言以外の方式だった場合は、被相続人が亡くなってすぐに家庭裁判所の「検認」を受けなければなりません。
検認とは、遺言書の偽造や変造を防ぐために、その遺言書を調べ、その内容などの存在を確認するための手続きです。
また、他の利害関係人に対し遺言書の存在を知らせるためでもあります。

 

もし遺言書に封印がしてある場合、勝手に開けてはいけません。
封印のある遺言書は、相続人またはその代理人の立会いのもと家庭裁判所で開封しなければなりません。
ただし、家庭裁判所が相続人全員に呼び出しを行った場合は、開封期日に誰も立ち会わなくても開封することが可能です。

 

遺言書を家庭裁判所に提出することを怠り、検認を行わないで遺言を執行した場合、5万円以下の過料に処せられます。
さらに、故意に遺言書を隠匿したような場合は、相続能力、受贈能力を失います。

 

遺言書を見つけた場合はその体裁や内容にかかわらず、家庭裁判所に検認請求をして開封するようにしましょう。

 

遺言書が公正証書遺言以外の方式だった場合、必ず家庭裁判所の「検認」が必要です。

遺言書を勝手に見てしまった場合、5万円以下の過料に処せられる場合があります。