遺言執行者が選任されると、相続人は財産を勝手に処分できません。

遺言執行者の選任と権限

MENU

遺言執行者とは

 

遺言を残していても、その遺言の内容がきちんと実現されるかどうかは死んでしまった本人には確認することができません。
遺言内容の実現をするのに必要な手続きを行う人、それが「遺言執行人」です。
遺言執行人の選任は、被相続人が遺言で指定するか、利害関係人の請求によって家庭裁判所が行います。

 

なお、被相続人が生前に遺言執行人を指定する場合、遺言によって行わなければなりません。
もし生前に契約によって遺言執行人を選任していた場合その契約は無効となります。

 

遺言執行人は原則、未成年者及び破産者を除くすべての人がなることが可能です。
したがって相続人や受贈者(遺贈を受ける人)、会社がなることもできます。

 

遺言執行者が選任されますと、相続人は財産の処分権が制限され勝手に財産を売ったり譲ったりできなくなります。
これは、遺言執行人の処分権と相続人の処分権がぶつかるのを防ぎ、受贈者の権利を守るためです。
遺言執行人が指定されているのにもかかわらず被相続人の財産を処分(売買など)をしてしまった場合、たとえ執行人の承諾前だったとしてもその行為は誰に対しても無効となります。

 

遺言執行人が指定されている場合は財産の処分を行う事ができません!

もし処分された場合その行為は無効です。