「負担付遺贈財産」とは、財産をあげる見返りに、なにかしらの条件を付ける遺贈です。

遺贈とは何か?

MENU

遺贈

 

遺言によって特定の相手へ財産を譲ることを「遺贈」といいます。
相続との大きな違いは、相続は法定相続人しか行えないのに対し、遺贈は法定相続人以外の第三者に対しても行える事です。
また、贈与のように相手方の同意を必要とせず、遺言者の一方的な意思表示のみで成立します。

 

なお、遺贈に一定の条件を付す事も可能です。
これを“負担付遺贈”といい、「例えば土地と家をあげるかわりに、子の面倒を見て欲しい」というように、なにかしらの条件を付けている遺贈です。
負担付遺贈を受けた受贈者(貰った人)は、負担した内容を果たす義務が生じます

 

しかし、受遺者が義務を必ず義務を果たしてくれるとは限りません。
その場合、相続人は相当の期間を定め、受贈者が期間内に負担義務を履行するようにもとめることが可能です。
これを「催告」といい、催告を行ってもなお義務を果たさない場合は、家庭裁判所に「遺言の取り消し」を請求できます。

 

負担付遺贈は、支払う相続税が多額になってしまう場合や債務の方が多きい場合などの理由で、遺贈を受けたくない場合には放棄することが可能です。