相続税、所得税、住民税、贈与税はそれぞれ控除額や特例が異なり、計算の仕方も違います。

死亡保険金を受け取るとどんな税金がかかるの

MENU

死亡保険金に掛かる税金

 

死亡保険金に掛かる税金は、契約形態によって種類が異なります。
被相続人が生命保険の被保険者だった場合、被保険者が死亡することにより保険会社から死亡保険金が支払われます。
死亡保険金を受け取ると税金が掛かってきますが、その税金の種類は保険料を誰が負担していたか、また誰が受取人なのかによって異なりますので注意しましょう。

 

死亡保険金に相続税がかかるケースは、生命保険の被保険者が被相続人であり、保険契約者(保険料負担者)も被相続人であった場合です。
これは被相続人に支払われる死亡保険金が被相続人の固有の財産となるためです。

 

また、相続人が保険契約者で、かつ自分を受取人にしていた場合、かつ一度に受け取った場合は一時所得とみなされ死亡保険金には所得税が課せられます。
さらに、相続税の課税対象となるものは住民税の対象ともなりますので注意が必要です。

 

そして相続人が保険契約者で受取人が自分以外の誰かならば、死亡保険金に贈与税が課せられ、受取人はそれらを納めなければなりません。
相続税、所得税、住民税、贈与税はそれぞれ控除額や特例が異なり、計算の仕方も違います。

 

 

保険契約者と受取人による税金の種類
被保険者

保険契約者
(保険料負担者)

死亡保険金の受取人 課せられる税金

 

 

 

被相続人(夫)

被相続人(夫) 相続人(妻や妻子など) 相続税
被相続人(夫) 相続人以外 相続税
相続人(妻) 保険契約者と同じ相続人(妻) 所得税+住民税
相続人(妻) 保険契約者以外の相続人、または相続人以外 贈与税