納期限を過ぎてから納めると、延滞税がかかるので注意が必要です。

相続税の納期限と支払い方法

MENU

相続税を納める

 

相続税の納期限は申告期限と同じく、相続開始日の翌日から起算して10ヶ月以内となっています。
納期限を過ぎてから相続税を納めると、延滞税がかかってしまいまいますので注意が必要です。
延滞税の割合ですが、納期限の翌日から2ヵ月以内が年7.3%で、それ以降が年14.6%となります。

 

相続税の納付は各相続人が別個に行います。
なお、相続税は現金一括払いが原則ですが、それが難しい場合は“物納”や“延納”という方法もあります。
十分な現金がないままで被相続人が死亡し、かつ相続財産が不動産や株式といったすぐには現金化できないものばかりであった場合ですと、相続税が高額になってしまった時とても一度では払いきれません。

 

物納

物納は字のとおり、現金の代わりに不動産などを代わりに納める方法です。
ただし物納できる財産の種類は限定されており、現金で支払える分に関しては物納は認められません。
また、優先順位も決まっており、上位の財産に適当な価額のものがない場合、または特別な事情がある場合にだけ次の順位の財産を物納できます。
その順位ですが①国債、地方債、不動産、船舶②株式、社債③動産という順番になっています。

 

延納

延納とは相続税を分割で納付する方法です。
延納の最長期限は、財産の種類や価額に応じて5年から20年です。
また、延納を行うと利子税が加算されますので注意しましょう。
さらに、延納を行う場合、延納税額及び利子税に相当する担保が必要となります。